« CDの裏表 | トップページ | 伊福部昭 シンフォニア・タプカーラ(芥川&新響) »

「幻想交響曲」(ベルリオーズ作曲)のオフィクレイド

 先日、オフィクレイド(Ophicleide)という楽器の実物を見せてもらった。

 http://euphstudy.seesaa.net/article/235575553.html

 マウスピースは金管だけれども、キーで音程を変える(サキソフォンのように)。

 で、音域(サウンド)的にはチューバというより、ユーフォニウム、トロンボーン。

 ベルリオーズ作曲の「幻想交響曲」にはこの楽器が2台使われているのだけれども、現在はチューバで『代用』される。

 例えば、第5楽章の「怒りの日」が提示される部分。

 Gensou1

 バスーン(4本)とオフィクレイド(2本)がオクターヴのユニゾンで演奏する。ただ、チューバとして考えれば上下逆ではないのか、と常々思っていた。

 しかし、実際の楽器の音を聴いてみると、ベルリオーズの書き方が納得できる。要は、今でいえばユーフォニウムであって、低音を充実させるものではないのだ。

 下記も第5楽章の一部だけれども、どう見ても音域的にはチューバではない。

 Gensou2

 下記は第4楽章から。低いペダルトーンを鳴らすトロンボーンの上で、オフィクレイドがリズムを刻んでいる。

 Gensou3

 これをチューバで演奏しても、リズム音形はぼやけてしまうだろう。

 以前「N響アワー」でもこの楽器が紹介されていて、実際に「怒りの日」のメロディを吹いてくれたのだけれども、ユーフォニウムとトロンボーンの中間のような、より粗野で生々しい音がする。

 もちろん、その番組で放送されたコンサート(チョン・ミョンフン指揮)ではチューバ2本で演奏していました。

cd

 「幻想交響曲」を演奏するオフィクレイドの様子は、以下のソフトで『見る』ことができます。

 Img168

 ▲ J・E・ガーディナー指揮/オルケストル・レヴォリュショネール・エ・ロマンティーク

 時代(ピリオド)楽器によるオーケストラでの演奏。「怒りの日」はオフィクレイドとセルパンで演奏しています。


 Img055

 ▲ C・エッシェンバッハ指揮/パリ管弦楽団

 こちらはモダン楽器による演奏ですが、チューバで代用せずにオフィクレイドを使用しています。
 

|

« CDの裏表 | トップページ | 伊福部昭 シンフォニア・タプカーラ(芥川&新響) »

コメント

「実際に音を聴く」ことのない者が、机上で堂々と解説なんかを書いてきたので、誤解がはびこっているんですよね。特に「マニア」の間には。

佐伯さんのオフィクレイドはC管で、私のはB♭管です。ざっくりとした話ですが、オケ用と軍楽隊用で調性が異なっていたようです。確か、「幻想交響曲」でも、第1オフィクレイドをC管、第2オフィクレイドをB♭管とに書き分けている版もあったように思います。

投稿: HIDEっち | 2011/12/02 23時27分

先日、コンサートでベルリオーズの「リア王」という曲を聴いたのですが、高い音のメロディをチューバが苦しそうに吹いていました。

当然、メロディ・ラインはぼやけてしまいます。

オフィクレイドのパートをチューバで吹くというのは『慣例』なんでしょうが、ユーフォと持ち替えで吹くとかした方が効果的なのではなかろうか、と思ったりもしました。

投稿: | 2011/12/04 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60496117

この記事へのトラックバック一覧です: 「幻想交響曲」(ベルリオーズ作曲)のオフィクレイド:

« CDの裏表 | トップページ | 伊福部昭 シンフォニア・タプカーラ(芥川&新響) »