«  今年度の | トップページ | ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(ゴロワノフ) »

映画「マンハッタン」(サントラ盤)

music CD

 ■ 映画「マンハッタン」(オリジナル・サウンドトラック)

 Manhattan_1

 ▲ Z・メータ指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック

 ウディ・アレン監督・主演の映画「マンハッタン」のサウンド・トラック盤。全編、ガーシュウィンの音楽が使われている。

 最初はグラフマンのピアノによる「ラプソディ・イン・ブルー」で始まり、後半はトム・ピアソンの編曲によるガーシュウィン作品のメドレーとなるが、この部分が最高に楽しいのだ。

 編曲も素晴らしく、TVなどでも耳にするメロディも現れ、「この曲もガーシュウィンだったのか」と思う人もいるのではなかろうか(私も最初そうだった)。

 最後は「ストライク・アップ・ザ・バンド(STRIKE UP THE BAND)」で盛り上がった後に、「バット・ノット・フォー・ミー(BUT NOT FOR ME)」でしっとりと終わる。

 早い話が、「パリの喜び」(オッフェンバック/ロザンタール編)のニューヨーク(ガーシュウィン)版。

 上記の他に、D・ヘイマンなどによるジャズ・トリオ/クインテットが2曲挿入される。

 「ラプソディ…」はグロフェ編曲のフル・オーケストラ版。若干スコアの変更はあるけれども、ノー・カット。

 この演奏も中々良くて、LP時代はB面(後半部)ばかり聴いていたけれども、改めて聴いてみると、最初の「ラプソディ…」から通して聴いて楽しむものだと思う。

 Manhattan_2

 こちらが収録曲目(画像クリックで拡大します)。

|

«  今年度の | トップページ | ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(ゴロワノフ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60496015

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マンハッタン」(サントラ盤):

«  今年度の | トップページ | ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(ゴロワノフ) »