« キャンセル | トップページ | 題名のない音楽会 »

シベリウス アンダンテ・フェスティーヴォ(N・ヤルヴィ)

music CD

 ■ J・シベリウス作曲/アンダンテ・フェスティーボ(祝祭アンダンテ)

 Jarvi_af_1

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/エーテボリ交響楽団

 1982年のBIS録音盤。カップリングは交響曲第5番とカレリア序曲(赤い「WARNIG」が無粋です...)。

 この曲、知名度は低いけれども、意外にファンが多いのではなかろうか。

 原曲は弦楽4重奏曲。これにコントラ・バスを加えて弦5部の合奏用に編曲された。演奏時間5分。

 このコントラ・バスも単純にチェロとユニゾン(オクターブ)ということではなく、全く独自の加え方がされていて、さらには、終結部にティンパニ(オプション)が加わる。

 弦楽4重奏の部分は非常にシンプル。ただ、これに加えられたコントラ・バス、そしてティンパニが、音楽に奥行きを与えている。

 このヤルヴィ盤、最初の音が出た瞬間に、その澄んだハーモニーで部屋の空気が一変し、目の前に別世界が広がるのだ。

cd

 ヤルヴィのその他の録音。

 Img118

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/デトロイト交響楽団

 1991年録音。様々な小品を収録した「アンコール集」。

 速めのテンポで、ダイナミックスの変化もクッキリと付けているけれど、音楽の広がり、スケール感など、先に挙げたBIS盤には遠く及ばない。


 Img117

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/エーテボリ交響楽団

 よりこなれた感じで、サウンドも明るめ。ただ、最後のティンパニは弱い。

|

« キャンセル | トップページ | 題名のない音楽会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495972

この記事へのトラックバック一覧です: シベリウス アンダンテ・フェスティーヴォ(N・ヤルヴィ):

« キャンセル | トップページ | 題名のない音楽会 »