« 生徒指導 etc. | トップページ | 練習参加 »

ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(チェリビダッケ&LSO来日公演)

music DVD

 ■ M・ムソルグスキー作曲(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」

 Img013

 ▲ C・チェリビダッケ指揮/ロンドン交響楽団

 1980年の来日公演。NHKホールでのライブ録画。

 晩年ほどではないにしても、遅いテンポで、しかも細かくコントロールされた演奏。指揮も力強く、まだ元気なチェリビダッケを見ることができるのは嬉しい。

 「キエフの大門」の最後は、これまで1小節を2つで振っていたのを3つ振りに切り替えたことによるのか、アンサンブルが混乱する。

 客席には空席が目立ち、1階席は実質半分くらいしか入っていないのではなかろうか。チェリビダッケは当時はレコードなどもまったく出ていない、本当に「幻の」指揮者だったからだろうか。

 メンバーにはD・ウィック(トロンボーン)、J・フレッチャー(チューバ)などという、歴史の教科書に出てくるようなプレイヤーがいて、(当たり前だけれど)実際に演奏している姿も映っている。

 「牛車」はD・ウィックがユーフォニウムに持ち替えて演奏。ダイナミック・レンジの広いソロを聴かせてくれる。

 Www2

 映像的には貴重だし、アンコールの「タイボルトの死」「スラヴ舞曲第8番」では腰を振りながら指揮をする姿も見られるけれど、如何せんクセのある音楽なので、ファンでないと受け入れられにくいかもしれない。

|

« 生徒指導 etc. | トップページ | 練習参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495942

この記事へのトラックバック一覧です: ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(チェリビダッケ&LSO来日公演):

« 生徒指導 etc. | トップページ | 練習参加 »