« 墓参りなど | トップページ | ミューザ川崎崩壊(震災) »

シネマ・セレナーデ(パールマン&J・ウィリアムズ)

music CD

 ■ シネマ・セレナーデ

 Cinema_1

 ▲ J・ウィリアムズ指揮/ピッツバーグ交響楽団

 I・パールマンのヴァイオリン。1996年録音。

 「カラー・パープル」のテーマに始まり、メロディックな映画音楽を13曲収録。

 J・ウィリアムズ作曲「遥かなる大地へ」はグレインジャー風の楽しい音楽。

 懐かしい「シェルブールの雨傘」、「愛と哀しみの果て」、「黒いオルフェ」、サントラでもパールマンが弾いた「シンドラーのリスト」。

 最後、トドメは「ニュー・シネマ・パラダイス」から「愛のテーマ」。ヴァイオリンのソロのメロディをフル・オーケストラが引き継ぐと、過去の色々な出来事が一気に押し寄せてくる。

 オケは(ボストン・ポップスではなく)ピッツバーグ響で、これは正解だったのでは。プレヴィン、マゼール、ときて1997年からM・ヤンソンスが音楽監督になる時期。華やか一方でない、いい音がしている。

 パールマンのヴァイオリンも、ヘンに崩したり、自己主張したりしない所がいい。素直に曲を楽しめる。

 Cinema_2

 ▲ 収録曲(画像クリックで拡大します)

 好評だったためか続編も出ていて、こちらはボストン・ポップス。

|

« 墓参りなど | トップページ | ミューザ川崎崩壊(震災) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495876

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ・セレナーデ(パールマン&J・ウィリアムズ):

« 墓参りなど | トップページ | ミューザ川崎崩壊(震災) »