« スヴェトラーノフ&ソビエト国立響(1987年来日公演アンコール) | トップページ | シチェドリン 古いロシアのサーカスの音楽(シナイスキー) »

影絵

 午後、地元ホールの催し物へ出かける。「親子向け」なので子供多数(騒々しいsweat01)。

 前半は楽器演奏(ピアノ、ヴァイオリン、チェロのトリオ)でライト・クラシックなど。子供たちは、音楽よりも背景に映された影絵の方が面白いみたいだったけど、「さんぽ」「…ポニョ」になると即座に反応して、一緒に歌い出すnotes

 後半は影絵で「100万回生きたねこ」。前半の3人がそのまま音楽を演奏(曲はピアノの方が作曲)。

 主人公の猫は、自分大好き、死ぬのも怖くない。何度も死んでは、様々な飼い主のところに生まれ変わる。そしてそれが自慢なのだ。「オレは100万回も...」

 しかし、白い猫と出会って、彼の生き方が変わる。ここで初めて、彼は本当に「生きる」んですね。そして、二度と生まれ変わることはなくなる...。

 人によって、色々な捉え方ができるお話だと思うけれど、やっぱり子供にはよく分からない...で、隣に座っていた子供は「おうちに帰りたいdash」の連発でした。

|

« スヴェトラーノフ&ソビエト国立響(1987年来日公演アンコール) | トップページ | シチェドリン 古いロシアのサーカスの音楽(シナイスキー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60496385

この記事へのトラックバック一覧です: 影絵:

« スヴェトラーノフ&ソビエト国立響(1987年来日公演アンコール) | トップページ | シチェドリン 古いロシアのサーカスの音楽(シナイスキー) »