« 帰省2 | トップページ | 楽譜借用 »

ハンソン ディエス・ナタリス

music CD

 ■ H・ハンソン作曲/ディエス・ナタリス

 Hanson_ewe

 ▲ D・ハンスバーガー指揮/イーストマン・ウィンド・アンサンブル

 1984(?)年録音。

 「タイトルはラテン語で『誕生の日』という意味があり、これはキリストの降誕、すなわちクリスマスを意味する」...とのことです。

 ルーテル教会の聖歌に基づく、主題と変奏、フィナーレから成る曲。

 オーケストラ曲からの改作で、変奏が一部カットされてコンパクトになっている。聴き慣れたせいか、私は吹奏楽版の方が好き。

 静かなティンパニのリズムから、鐘の音を模したハーモニー。音楽が次第に高まり、メイン・テーマであるコラール(聖歌)の旋律へと導く。

 5つの変奏をはさんで、冒頭の再現。その頂点で、木管を中心に演奏される新しい主題と金管楽器によるコラールが交錯(ここがイイ!)、最後はトゥッティによる鐘の音から、ドラマチックに曲を結ぶ。

 ハンソンはアメリカ音楽界の重鎮で、イーストマン音楽学校の校長も務めている。保守的な作風もあって、表面的な目新しさはないかもしれない(昨今は、それに頼っている曲の何と多いことか)。でも最終的には、その人の持っている『音楽』なのだ。

 私が昔聴いていたのが、汐澤安彦指揮/佼成WOによるLP盤。このイーストマン盤は初演コンビによる録音。

 いかにもウィンド・アンサンブルらしい、スッキリと引き締まったサウンド。迫力も十分。個人的には、もう少し音に『暖かさ』が欲しい気もするけど...。


 【管弦楽版】

  Hanson

 ▲ G・シュワルツ指揮/シアトル交響楽団

 1994年録音。オリジナルの管弦楽版による録音。

 曲の構成は以下の通り。

  導入とコラール(主題)(Maestoso)
  第1変奏(Poco piu mosso)
  第2変奏(Allegro)
  第3変奏(Pesante)
  第4変奏(Andante calmo, nel modo Gregorian)
  第5変奏(Allegro feroce)
  第6変奏(Larghetto semplice)
  第7変奏(Allegro tempestuoso)
  フィナーレ(Poco a poco ritardando al tempo gusto)

 吹奏楽版では、第2、第7の2つの変奏がカットされています。

|

« 帰省2 | トップページ | 楽譜借用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60496356

この記事へのトラックバック一覧です: ハンソン ディエス・ナタリス:

« 帰省2 | トップページ | 楽譜借用 »