« A・リード 吹奏楽のための第2組曲(リード&TKWO) | トップページ | 忌引き »

スメタナ 交響詩「モルダウ」(フリッチャイのリハーサル風景)

music DVD

 ■ スメタナ作曲/交響詩「モルダウ」

 Fricsay

 ▲ F・フリッチャイ指揮/シュトゥットガルト放送交響楽団

 1963年に48歳の若さで亡くなった名指揮者、F・フリッチャイによる、「モルダウ」のリハーサルと本番演奏。

 1960年の録画(モノクロ)。まずはアナウンサーの追悼のコメントで始まる。

 白血病を患い、この日も体調がすぐれなかったらしいが、そういった様子は見えず、自らメロディを力強く歌い、音楽を楽団員に伝える。

 フリッチャイが語る各場面の説明は的確で、「なるほど」と思わせる説得力がある。通俗名曲として親しまれ、ひょっとすると軽く見られているかもしれない、この「モルダウ」という音楽の奥深さ、素晴らしさを再認識できる。

 単なる情景描写ではない、人生(生命)そのものであり、そのテーマは(リハーサルの中でも語っていたように)「生きることは素晴らしい」ということなのだ。

 ちなみに、ホルンのトップを吹いているのは当時在籍していたH・バウマンでなかろうか(下の写真、前列向かって右)。

 狩りの音楽ではホルン・セクションが活躍するが、(それ以外の部分であっても)指揮者の指示を集中力をもって聞く姿は、まさに「名プレイヤー」としてのオーラが強烈に発せられている。

 Horn

 本当に素晴らしい内容のソフトなのだけれども、残念ながら廃盤なんですね...sweat02

|

« A・リード 吹奏楽のための第2組曲(リード&TKWO) | トップページ | 忌引き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60496217

この記事へのトラックバック一覧です: スメタナ 交響詩「モルダウ」(フリッチャイのリハーサル風景):

« A・リード 吹奏楽のための第2組曲(リード&TKWO) | トップページ | 忌引き »