伊福部昭 リトミカ・オスティナータ

music CD

 ■ 伊福部昭作曲/ピアノとオーケストラのためのリトミカ・オスティナータ

 昔のLP時代から聴いているせいか(若杉盤)、伊福部昭の独奏付き作品の中ではこれが一番好き。

cd

 Img041

 ▲ 若杉弘指揮/読売日本交響楽団

  ピアノは小林仁。1971年録音。

 この若杉盤と井上盤(ライブ)、どちらも気に入っているけれども、演奏のまとまりという点では若杉盤だと思う。変拍子の連続する曲、ライブだとさすがに色々ある。

 この曲で、ピアノの役割というのは極めて限定されていて、速い部分ではひたすらオスティナート風の動き、遅い部分では旋律はオケに任せて(打楽器的な)打撃音を強奏で響かせる。

 なので「協奏曲」というよりも、「ピアノ付きのオーケストラ曲」に近く、そういう意味で、ピアニスト的には積極的に演奏したい曲ではないのではなかろうか(自分にスポットライトが当たりうことは殆ど無い)。

 ホルンによる3小節の導入の後、ピアノからいきなり本題に突入する。その後は大雑把に「A-B-C-B-A」という構成だけれども、中間の「C」の部分、パーカッションを伴い、ひたすらリズムで押しまくる。

 こうなると、もう冷静には聴いていられない。


 Ifukube_naxos

 ▲ D・ヤブロンスキー指揮/ロシア・フィルハーモニー管弦楽団

 ピアノはE・サランツェヴァ。2004年録音。

 やっぱり、アレグロの部分が、安全運転と言うか、間違えないようにというのが精一杯な感じがして、オスティナートによる高揚感が全く無い。

 トランペットなどは、速い5拍子(「2+3」など)のリズムが全く取れていなくて、ここまでくると、さすがに『商品』としてもどうなのかと思う。

 これは、自分たちの感覚の中に全く存在しない律動なのではなかろうか。他のパートも似たり寄ったりなのかもしれない。

 純粋に演奏を聴くならば「若杉>井上>>>ヤブロンスキー」。

 日本人以外による伊福部作品ということで興味深いアルバムだけれども、演奏そのものはあまりオススメできるものではありません。


 Img044

 ▲ 井上道義指揮/東京交響楽団

 藤井一興のピアノ。1983年のライブ録音。

 安全運転気味の(それでも危なっかしい)ヤブロンスキー盤に比べると、こちらは快調で、スリリング。さすがリズムには躍動感があり、打楽器も決まっている。

 この曲、テンポの速い部分ではリズムのパターンが目まぐるしく変わるので、ちょっと乱れると修復不可能になるような恐ろしさがある。この演奏でも、最後の最後でピアノのソロが乱れ、そのままオーケストラになだれ込む。

 エンディングは16分を強調して盛り上がる。

 ちなみに、この日のコンサートは伊福部昭の協奏作品を4曲並べるという強力なプログラムで、あの日、私は五反田の簡易保険ホールまで聴きに行ったのだ。そして、ピアノの一瞬の乱れを今でもハッキリと記憶している。


 Ifukube_ritmica

 ▲ 上田仁指揮/東京交響楽団

 ピアノは金井裕。1961年10月9日、厚生年金会館でのライブ録音。モノラル。

 この曲の初演時のライブ録音であり、また、他の録音とは異なる「初演版」による演奏。

 この「初演版」は、2回目のアレグロの後に現行版に無い音楽が挿入されている。それは、弦楽器が刻むリズムに乗って展開され、テンポはさほど速くない。

 その他については、オーケストレーションも含めて細かい変更は多々あるけれども、曲の進行は現行版と同じ。

 最初のアレグロ、ピアノのソロはなかなか快調に進む。しかし、そのモチーフがオーケストラに受け渡されると、一気にスリリングになる。

 特に2回目のアレグロの後半部分や、エンディングの追い込み、パーカッションのオスティナートが加わって突き進むあたりは、どうなることかと聴いていてヒヤヒヤする。

 何はともあれ、最後はピタッと決まる。

 「ブラボー!(よかった、よかったsweat01)」

 演奏のまとまりでは若杉&読饗盤だけれども、この初演盤も『記録』という以上に捨てがたい魅力がある。


 Ifukube_piano

 ▲ 早川正昭指揮/栃木県交響楽団

 山田令子のピアノ。2006年6月18日のライブ録音。

 ちなみに、栃木県交響楽団はアマチュア・オケだそうです。

 しかし、プロによる他の録音(若杉盤、井上盤など)にも負けない魅力を持った演奏。

 まずはピアノが素晴らしく、そのピアノが全体をリードしているのだと思うけれども、難曲だけに危なっかしい(ピアノとずれる)部分もあるにせよ、スリリングでエキサイティングな演奏を聴かせてくれる。

 「日本組曲」のオリジナル(ピアノ)版も収録されていて、これはオススメです。


 Img573

 ▲ 井上道義指揮/東京交響楽団

 ピアノは山田令子。2016年7月10日のライブ録音。

 ようやく若杉盤に匹敵する(上回る?)録音が出てくれました。

 最初の方こそリズムに乗り切れていない感もあるけれども、どんどん白熱し、エンディングへ向けてのオスティナートによる盛り上がりは、どこかぎこちない若杉盤を超えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【雑記】 真夏の夜の・・・

 「真夏の夜の夢」の作曲者は...

 Summer_2
 いわゆる、「ムソグルスキー」的な...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都響 A定期(小泉和裕)

 ◆ 東京都交響楽団 第856回定期演奏会

 20180528

 指揮:小泉和裕

  ドヴォルザーク作曲/序曲「謝肉祭」
  グラズノフ作曲/ヴァイオリン協奏曲(独奏:アレクサンドラ・スム)
  ドヴォルザーク作曲/交響曲第7番

 東京文化会館にて。

 ドヴォルザークは、小泉さんらしい、実直で力強い音楽。特に「謝肉祭」はエンディングの加速もあっての大熱演。

 交響曲は木管のメロディが弦に埋もれてしまう部分があったのは残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リスト 交響詩「フン族の戦い」

music CD

 ■ F・リスト作曲/交響詩「フン族の戦い」

 絵画にインスピレーションを受けて作曲された交響詩。

 異教徒(フン族)とキリスト教徒の戦いを描いたもので、最後は(当然)キリスト教徒の勝利で終わる。

 前半は戦いの音楽。キリスト教徒が勝利し、オルガンによるコラールが次第に盛り上がり、ケレン味たっぷりのエンディングはリストの面目躍如。

 今でいえば『映画音楽』か『ゲーム音楽』のようなノリにも聞こえる、単純明快でカッコいい音楽なのだ。

 cd

 Img563

 ▲ Z・メータ指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 1994年録音。

 生真面目な演奏だけれども、とにかくオケの上手さとパワーで聴かせてくれる。最初の一枚としては文句なし。


 Img564

 ▲ E・アンセルメ指揮/スイス・ロマンド管弦楽団

 1959年録音。

 メータ盤と比べてしまうとオケの非力感は否めないけれども、活き活きとした情景描写はさすが。オルガンの音も見事に捉えられている。

 でも、アンセルメはなんでこの曲を録音したんだろうか。オルガンの音のデモンストレーション的な意味もあったのか。この2年前の録音であるシェルヘン盤と比べると、その『音』の差はあまりに大きい。


 Img566

 ▲ H・シェルヘン指揮/ウィーン国立歌劇場管弦楽団

 1957年録音。

 冒頭のティンパニの「ポコポコ」とした音から不吉な予感がする。指揮者はテンポを煽るけれどもオケが全然ついてこれない。さらにはトランペットが完全に出を見失いカオス状態に。

 ライブならともかく、よくこれでOKが出たものだと思う。シェルヘン好き以外には全くオススメできない録音。オルガンの音も変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都響 B定期(下野竜也のコリリアーノ)

 ◆ 東京都交響楽団 第855回定期演奏会

 20180522

 指揮:下野竜也

  メンデルスゾーン作曲/交響曲第3番「スコットランド」
  コリリアーノ作曲/ミスター・タンブリンマン ~ボブ・ディランの7つの詩(ソプラノ:ヒラ・プリットマン)

 サントリーホールにて。

 前半のメンデルスゾーンはさっぱり。

 力は入っているけれども、雑然と上滑りしている感じで、特に第2楽章はテンポが速すぎて何が何だか。第3楽章も全く心に入ってこない。

 しかしながら、一転、後半のコリリアーノが素晴らしかった。

 ヒラ・プリットマンの見事なパフォーマンス。下野さんも見事にオーケストラをまとめ上げていた。

 音楽も決して前衛的・難解なものではなく、客席に配置されたチャイムが鳴り響くドラマチックな「自由の鐘」から続く、締めくくりの「後奏曲」のシンプルで美しい音楽が沁みてくる。

 そうなると、なぜに前半に「スコットランド」....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N響 C定期(P・ヤルヴィ)

 ◆ NHK交響楽団 第1886回定期演奏会

 Img568

 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

  トルミス作曲/序曲第2番
  ショスタコーヴィチ作曲/ピアノ協奏曲第2番(独奏:アレクサンドル・トラーゼ)
  ブルックナー作曲/交響曲第1番

 NHKホールにて。

 今日の聴きものはショスタコーヴィチ。独奏のトラーゼは自由奔放、やりたい放題。第2楽章の最初などは再弱音の上に、曲が止まったのではと思うような超スローテンポ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハンガリー狂詩曲第2番」のスコア(日本楽譜出版社)

 ■ F・リスト作曲/ハンガリー狂詩曲第2番

 日本楽譜出版社から出版されているスコア。

 サイトを見ると「ドップラー編曲版」のように見えますが、実際はよく聴く「カール・ミュラー=ベルクハウス編曲版」でした。

 Liszt
 http://nihongakufu.com/score/archives/2_11.php

 ドップラー版がほしかったのにガッカリ...でも、紛らわしいです(虚偽広告?)。

 ちなみに以下はドップラー編曲版による録音。

 Img567

 ▲ シノーポリ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 冒頭のメロディがトランペットで演奏されるなど、ミュラー=ベルクハウス版とは全くの別物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サン=サーンス フランス軍隊行進曲

music CD

 ■ サン=サーンス作曲/フランス軍隊行進曲

 当時、アルジェリアはフランスの植民地。そのアルジェリアを旅行した印象をまとめた「アルジェリア組曲」の終曲が、この「フランス軍隊行進曲」。コンサート・マーチの名曲。

 「軍隊行進曲」といっても、明るく楽しげな曲想。「国威発揚」的な勇ましさはなく、晴れやかさの方を強く感じる。

 吹奏楽に編曲されて、かつては頻繁に演奏されていたけれど、最近はこの手の曲はなかなか演奏されなっているように感じる。

 cd

 March_fp

 ▲ P・パレー指揮/デトロイト交響楽団

 1959年録音。

 このパレー盤、ものすごい勢いで一気に突き進む。限界に挑戦しているような速いテンポ。吹奏楽ではさすがにこういう演奏は難しい。

 フランス的とかは置いておいて、ストレス発散系の爽快、かつ力強い演奏。


 Ormandy_ss

 ▲ E・オーマンディ指揮/フィラデルフィア管弦楽団

 1966年録音。パレーに比べると、落ち着きのある堂々たる演奏。

 冒頭の弦楽器による第1テーマ、そして、それが金管楽器で再現する後半部のサウンドの素晴らしさ。吹奏楽でも演奏される曲ではあるけれども、中間部の弦楽器はオーケストラならではだ。最後はファンファーレで見事に曲を締める。

 このコンビ、こういう曲は本当に上手。申し分ない演奏。

 カップリングは「交響曲第3番」、「死の舞踏」、「バッカナール」。


 Img438

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

 2011年録音。この手の曲でのヤルヴィ(@父)の安定感は抜群。肩の力が抜けた軽やかな演奏。

 サン=サーンス作品をまとめたアルバム。4曲の交響詩や「バッカナール」などの定番有名曲から無名曲まで。

 しかし、サン=サーンスは「スパルタクス」なんて曲も書いていたんですね...


 【アルジェリア組曲】

 Img565

 ▲ 準・メルクル指揮/バスク国立管弦楽団

 2016年録音。

 「アルジェリア組曲」全曲が収録されているCD。演奏も手堅いし、とにかく組曲全曲が聴けるのが嬉しい。

 以下の4曲から成り、演奏時間20分弱。

  1.前奏曲(アルジェを目指して)
  2.ムーア風狂詩曲(ブリダにて)
  3.夕べの幻想
  4.フランス軍隊行進曲

 1曲目は異国の地へ向かうわくわくした晴れやかな気持ち。2曲目は3つの部分から成る舞曲風。最後の打楽器によるリズムは民族的な雰囲気。3曲目はビオラのソロに始まる南国風な情感を感じさせる音楽。

 録音が少ないのが不思議なほどの楽しい組曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーラー 交響曲第3番(ケーゲルのライブ録音)

music CD

 ■ G・マーラー作曲/交響曲第3番

 Img562

 ▲ H・ケーゲル指揮/ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

 1984年のライブ録音(拍手付き)。とにかく終楽章(第6楽章)が最高の聴きもの。

 これまでの5つの楽章を受けての『帰着点』のような楽章、弱音から始まる冒頭から沈んだ雰囲気が続き、何かのきっかけが見えそうになっても、すぐに不安な音楽で打ち消されてしまう。

 しかし、フルートとピッコロのソロを受けての金管楽器のコラールで初めて光が射し、そこから音楽は素晴らしく高揚し、そして一段落した後の絶妙の静寂があってから、大団円へと向かってゆく。

 演奏後、しばらく間(ま)があってから拍手が起きるのも嬉しい。

 ライブだしオケ(特に金管)も決して『上手』とは言えないかもしれないけれども、それをはるかに超えた感動がここにある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都響 C定期(大野和士のロシア音楽)

 ◆ 東京都交響楽団 第854回定期演奏会

 20180410

 指揮:大野和士

  リムスキー=コルサコフ作曲/序曲「ロシアの復活祭」
  ボロディン作曲/ダッタン人の踊り
  チャイコフスキー作曲/交響曲第3番「ポーランド」

 東京芸術劇場にて。

 前半2曲は「ロシア音楽名曲集」のようなCDにはよく収録されているものの、コンサートではなかなか聴くことができない。

 そんなこともあって、ちょっと期待したのだけれども、「ロシアの復活祭」は如何せん曲が今一つ面白くない。演奏も普通なので盛り上がらない。

 続く「ダッタン人…」もCDで色々な(素晴らしい)演奏を聴いているので、あまりにかしこまっている感じで、やはり物足りない。

 後半のチャイコフスキーは後期の3曲のような深刻さは無く、バレエ音楽を聴いているようなところもあり、単純ではあるけれども率直に楽しめる。

 演奏の方は力が入っていて忙しなく、もう少し落ち着て欲しいとは思ったけれども、この曲の副題にもなっている終楽章のポロネーズは十分盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ニールセン 交響曲全集(ショーンヴァント)