都響 C定期(大野和士のロシア音楽)

 ◆ 東京都交響楽団 第854回定期演奏会

 20180410

 指揮:大野和士

  リムスキー=コルサコフ作曲/序曲「ロシアの復活祭」
  ボロディン作曲/ダッタン人の踊り
  チャイコフスキー作曲/交響曲第3番「ポーランド」

 東京芸術劇場にて。

 前半2曲は「ロシア音楽名曲集」のようなCDにはよく収録されているものの、コンサートではなかなか聴くことができない。

 そんなこともあって、ちょっと期待したのだけれども、「ロシアの復活祭」は如何せん曲が今一つ面白くない。演奏も普通なので盛り上がらない。

 続く「ダッタン人…」もCDで色々な(素晴らしい)演奏を聴いているので、あまりにかしこまっている感じで、やはり物足りない。

 後半のチャイコフスキーは後期の3曲のような深刻さは無く、バレエ音楽を聴いているようなところもあり、単純ではあるけれども率直に楽しめる。

 演奏の方は力が入っていて忙しなく、もう少し落ち着て欲しいとは思ったけれども、この曲の副題にもなっている終楽章のポロネーズは十分盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニールセン 交響曲全集(ショーンヴァント)

music CD

 ■ C・ニールセン作曲/交響曲全集

 Img561

 ▲ M・ショーンヴァント指揮/デンマーク国立交響楽団

 ニールセンの全交響曲6曲と管弦楽作品(こちらの指揮はダウスゴー)のCD、さらに交響曲についてはCDとは別演奏のライブ映像(DVD)を収録している、とてもコスト・パフォーマンスがいいセット。

 ニールセンの6曲の交響曲では、2台のティンパニが活躍する(これはDVDで確認できます)第4番「不滅」が一番有名で、さらに『戦争交響曲』とも言える第5番。

 それ以前の3曲(第1~3番)はより古典的な形式を持っているけれども、いずれも大らかで力強い音楽が聴ける。また、最後の第6番は不思議な雰囲気を持っている。

 指揮者のショーンヴァントは初めて聞く名前だったけれども、調べてみると他にもいろいろと録音があるらしい。

 強力にオケを牽引するというタイプではないけれども手堅い演奏で、透明感のあるオーケストラのサウンドもとても魅力的に感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都響 B定期(大野和士のマーラー)

 ◆ 東京都交響楽団 第853回定期演奏会

 20180410

 指揮:大野和士

  G・マーラー作曲/交響曲第3番

 サントリーホールにて。

 気持ちをストレートにぶつけたような熱演・力演。オーケストラ(ソロも含めて)もとてもよかった。

 ただ、第6楽章などは高いところへ昇っていくというよりも、あまりに『現実的』な音楽のようにも聴こえた。

 大野さん、やけに短い指揮棒使っているなと思っていたら、第1楽章の最初で譜面台にぶつけて折れてしまったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【楽譜】 ふるさと(フルート三重奏)

 「故郷(ふるさと)」(岡野貞一作曲)のフルート三重奏のための楽譜です。

 Hurusato
 PDFファイルを以下からダウンロードできます。

 memo Hurusato_Flute.pdf をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロコフィエフ 交響曲第3番(ムーティ)

music CD

 ■ S・プロコフィエフ作曲/交響曲第3番

 Img545

 ▲ R・ムーティ指揮/フィラデルフィア管弦楽団

 1991年の録音。この演奏はすごくいい。

 オペラ「炎の天使」の素材に基づく作品。個人的にプロコフィエフの7曲の交響曲の中では一番好きな曲。

 大胆であり、過激であり、繊細であり、叙情的であり...この作曲者の音楽の様々な面を持っている。ただ、『交響曲』としては終楽章がちょっと物足りない気もするけれど...。

 ムーティは雰囲気に流されないでがっちり曲を作っているし、オケも万全(特に弦)。ごちゃごちゃとしたスコアを本当に上手くまとめていて第3楽章も危なげない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都響 C定期(インバルの悲愴)

 ◆ 東京都交響楽団 第851回定期演奏会

 20180330

 指揮:E・インバル

  シューベルト作曲/交響曲第8番「未完成」
  チャイコフスキー作曲/交響曲第6番「悲愴」

 東京芸術劇場にて。

 情緒過多にならないドライな音楽。「悲愴」での鳴らしっぷりなどは気持ちいいけれども、管楽器には「?」となるところも多々あって、今一つしっくりこない。

 「悲愴」の最後はフライング拍手こそなかったけれども、かと言って強い感銘を与えたというのでもない。オケも割とあっさりと引っ込む。

 明日も同じプログラムでのコンサートがあるようで、お互い、まだ手探り状態なのか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃの交響曲(レーデル)

music CD

 ■ E・アンゲラー作曲/おもちゃの交響曲

 Img558

 ▲ K・レーデル指揮/ミュンヘン・プロ・アルテ管弦楽団

 1972年録音。

 その昔、作曲者について「ヨーゼフ・ハイドン」「ミヒャエル・ハイドン(@ハイドンの弟)」「レオポルド・モーツァルト(@モーツァルトの父)」などと言われていた曲。

 このCDも「モーツァルト父子の作品集」というタイトルだけれども、本当の作曲者はエトムント・アンゲラーというオーストリアの作曲家とのこと。

 かつては、それなりの『有名クラシック曲』だった気もするのだけれども(カラヤンも録音していた)、今はどうなんだろうか。

 ラッパや太鼓、鳥笛など、様々な「おもちゃ」の楽器が加わる楽しい曲。

 あまりふざけ過ぎても白けるけれども、さすがレーデルは変な芝居っ気のない素朴な音楽で、おもちゃの楽器の音も微笑ましい。

 L・モーツァルトの作品としては「そりすべり」が収録されていて、こちらも楽しい曲。

 【収録曲】(順不同)

 L・モーツァルト(@父)作曲
  おもちゃの交響曲
  そりすべり
 W・A・モーツァルト(@息子)作曲
  2つの行進曲ニ長調(K.335)
  コントルダンス(K.609, K.610)
  3つのドイツ舞曲(K.605)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都響 B定期(インバルの幻想)

 ◆ 東京都交響楽団 第850回定期演奏会

 20180326

 指揮:E・インバル

  D・ショスタコーヴィチ作曲/ピアノ協奏曲第2番(独奏:アレクサンドル・タロー)
  H・ベルリオーズ作曲/幻想交響曲

 サントリーホールにて。

 その昔、このコンビで「幻想交響曲」聴いた記憶があるよなぁ...と思っていたら「前回の都響との演奏(1997年)から21年」とのことで、もうそんなに経ったのかと感慨深い。

 サウンドそのものはソフトなのだけれども、大柄でメリハリのついた音楽。終楽章の金管(特にチューバ)や、舞台裏からの鐘の強打。迫力のある演奏はさすがに楽しめた。

 前半の協奏曲は、とても繊細なピアノで、それに反してオケの音が豊か過ぎてピアノを消しがち。第1楽章の最初から、ピアノの第1主題が聴きとりづらい。アンコールで繰り返された第2楽章は◎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽大学フェスティバル・オーケストラ(準・メルクル)

 ◆ 音楽大学フェスティバル・オーケストラ

 20180324

 指揮:準・メルクル

  ドビュッシー作曲/交響組曲「春」
  シューマン作曲/交響曲第1番「春」
  ストラヴィンスキー作曲/バレエ音楽「春の祭典」

 東京芸術劇場にて。

 チケット代が安かったのと曲目に惹かれて足を運んだコンサート。プログラムは「春」三題。

 首都圏と愛知、9つの音楽大学の学生によるオーケストラ。管打楽器は曲ごとにメンバーが入れ替わっていました。

 細かいキズもあり、全体的に鳴らし過ぎな感もあったけれども、(若い?)パワーで押し切ったような後半の「春の祭典」が圧倒的に楽しめた。

 それに比べると前半は今一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショスタコーヴィチ 黄金時代(ボリショイ劇場)

music BD

 ■ D・ショスタコーヴィチ作曲/バレエ「黄金時代」

 Img557_2

 2016年、ボリショイ劇場でのライブ録画。グリゴローヴィチ振付。指揮はパヴェル・クリニチェフ(PAVEL KLINICHEV)。

 オーケストラのための組曲(「ポルカ」が有名)が知られているバレエのステージ。

 レストラン「黄金時代」の踊り子リタに一目惚れした漁師ボリス、その仲を裂こうとするギャングの親玉のヤシュカ。もちろん、最後はめでたしめでたしのハッピー・エンド。
 
 ストーリーがどうのこうのより、踊りの楽しさと音楽の魅力で一気に観ることができる。

 ただ、音楽については他の曲からの流用もあり、例えば幕切れ近くのデュエットでは「ピアノ協奏曲第2番」の第2楽章が使われていたり、逆に組曲に含まれる「アダージオ」は現れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ソヒエフ& トゥールーズ・キャピタル国立管弦楽団