須川展也デビュー20周年記念コンサート(映像)

music DVD

 ■ 須川展也デビュー20周年記念コンサート

 Img482

 ▲ 山下一史指揮/佼成ウィンド・オーケストラ/須川展也(サクソフォン)

 2004年1月31日。サントリーホールでのライブ録画。

 収録曲は以下をご覧ください(画像クリックで拡大します)。

 Img483

 オープニングはA・リード「アルメニアン・ダンス パート1」。須川さんはコンサート・マスターの席に。

 前半ではなんと言ってもピアソラ3曲がかっこいい。

 後半、テクニックを駆使した「グラナダ」に続いて「追憶」のテーマ...ヤマハのニュー・サウンズで出版されていた浦田健次郎編曲版。冒頭のソロからなんともいえない懐かしさ。これ、何度となく演奏したよなぁ...と回想モード。

 そして極めつけは(この曲の)エンディング...ハーマン・ミュートのトランペットが「♪チ・チ・チ~」。

 そう、あの頃いつでも僕らは「♪チ・チ・チ~」だった。ポップスだけではない、オリジナルもクラシックも静かに終る曲はいつでも「♪チ・チ・チ~」...若かったあの頃。

 演奏を終えた須川さんは目に涙を浮かべていたけれど、私もいろんな意味で胸が一杯になってくる曲であり演奏でした。

 そして、プログラム最後はこれまでの興奮を鎮めるようなグレインジャー。この曲でも須川さんはコンサート・マスターの席に。自分がこの楽団の一員である(当時)という気持ちの表れか。余計なパフォーマンスのない山下氏の指揮、音楽も好感が持てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーク おとぎ話(ペシェク)

music CD

 ■ スーク作曲/おとぎ話

 Img492

 ▲ L・ペシェク指揮/ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

 1997年録音。

 戯曲「ラドゥースとマフレナ」のための付随音楽から4曲の組曲にまとめた作品。

 各楽章には以下の副題が付けられています。

  1.ラドゥースとマフレナの誠の愛と悲しみ
  2.白鳥と孔雀の戯れ
  3.葬送の音楽
  4.ルナ王妃の呪いと愛の勝利

 第1楽章はロマンチックな音楽の途中に不安が影を落とす。第2楽章は「ア・ラ・ポルカ」と指定された軽快な楽章。

 第3楽章の葬送行進曲は深刻になり過ぎない。

 フィナーレは困難を乗り越えて愛が成就してめでたしめでたしの大団円。

 詳しい曲目解説はこちらを。(都響のサイト)

 スークはチェコの作曲家。ドヴォルザークの弟子で娘婿。

 ことさらチェコの民族的要素を前面に出してはいないけれども、副題通りの変化に富んだ展開。分かりやすく、コンパクトにまとまっているので(演奏時間30分弱)、是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N響 A定期(P・ヤルヴィの「レニングラード」)

 ◆ NHK交響楽団 第1864回定期演奏会

 Img493

 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

  ショスタコーヴィチ作曲/交響曲第7番「レニングラード」

 NHKホールにて。

 弦は18型。バンダの金管楽器は最後列(打楽器の後ろ)に配置。

 羽目を外すことは無いけれど、スタイリッシュに見事に統率された演奏。特に後半、第3楽章以後が良かった。終結部の盛り上がりも十分。

 ゲスト・コンマスのロレンツ・ナストゥリカ・ヘルシュコヴィチ氏はミュンヘン・フィルのコンサート・マスターを務めている方だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベール ディヴェルティメント(P・ヤルヴィ)

music CD

 ■ J・イベール作曲/ディヴェルティメント

 Img489

 ▲ パーヴォ・ヤルヴィ指揮/タピオラ・シンフォニエッタ

 1993年録音。若かりしパーヴォの快演。

 まずは冒頭のトロンボーンのグリッサンドにビックリさせられる(別の曲が始まったかと思った...)。

 小編成オケによる歯切れのよい音楽はもちろんのこと、金管楽器も大胆に(大袈裟に)表情が付けられ、この曲の『遊び』の部分を思いっ切り強調する。

 木管楽器やピアノを活かした「ワルツ」もいい。

 Img490

 冊子に掲載されていたパーヴォの写真。今とはイメージが若干...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都響 B定期(大野和士の「天地創造」)

 ◆ 東京都交響楽団 第840回定期演奏会

 20170911

 指揮:大野和士

  J・ハイドン作曲/オラトリオ「天地創造」

 サントリーホールにて。

 改修で2階の男子トイレの位置が変わり、内部も随分と広くなっていました。

 閑話休題。

 なんだか、コーラス(スウェーデン放送合唱団)が主役のようなコンサート。

 正直、題材も含めて個人的に馴染みの薄い曲を、最後まで飽きずに聴き通せたのは日本語字幕のおかげ。

 冒頭の混沌からの「光あれ」の部分は、もっとインパクトが強いはずでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドヴォルザーク スラヴ狂詩曲(コシュラー)

music CD

 ■ A・ドヴォルザーク作曲/3つのスラヴ狂詩曲

 Img485

 ▲ Z・コシュラー指揮/スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団

 1987年、1988年録音。

 ほとんど知られていない曲だけれども、作品番号は45で、有名な「スラブ舞曲集」と同じ年の作品。正直、もっと広く演奏(録音)されてもいいのではと思う。

 曲の長さの違いはあれど(それぞれ12分程度)、音楽はスラヴ舞曲そのままの雰囲気を持っていて、美しく親しみ易いメロディから、軽快な舞曲風音楽まで。

 ハープのソロで始まる「第3番」は単独で録音される場合もあるけれども、個人的にはより素朴な味わいのある「第1番」「第2番」の方が気に入っている。

 このコシュラー盤は数少ない全曲盤。これまた素朴なオーケストラのサウンドと共に、下手すると冗長になりがちな音楽をしっかりとまとめている。

 pencil

 もう1曲収録されている、L・ペシェク指揮による「狂詩曲イ短調・作品14」は演奏時間17分半。

 やや冗長な感はあるけれども、内容的には「交響詩」と言ってもいいような堂々とした、ヒロイックな雰囲気を持つ力作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドヴォルザーク アメリカ組曲(ドラティ)

music CD

 ■ A・ドヴォルザーク作曲/アメリカ組曲

 Img491

 ▲ A・ドラティ指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

 1983年録音。

 作曲者のアメリカ時代に作曲された5曲から成る組曲。最初はピアノ曲として書かれ、後に作曲者によって管弦楽に編曲された。

 第1曲の冒頭から、「新世界交響曲」にも共通するようなアメリカ民謡風の懐かしい雰囲気も感じられる素晴らしいメロディで始まる。

 全編、ドヴォルザークらしい魅力にあふれた佳曲。

 ちょっと構えた感のある交響曲よりも、こういうドヴォルザークが好きだ。「新世界交響曲」を何度も聴くのなら、そのうちの1回でもこの曲を聴く時間にあてて欲しいと思うくらい。

 このドラティ盤は「のだめ…」で一躍有名になった「チェコ組曲」をはじめ、あまり演奏される機会が少ない、しかし魅力的なドヴォルザーク作品を集めたアルバム。演奏共々オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラウディオ・アバド・メモリアル・コンサート(映像)

music BD

 ■ クラウディオ・アバド・メモリアル・コンサート

 Img488

 ▲ A・ネルソンス指揮/ルツェルン祝祭管弦楽団/I・ファウスト(ヴァイオリン)

 2014年4月6日のライブ録画。

 2014年1月に亡くなったアバドの追悼演奏会。

 指揮者無しの「未完成交響曲」第1楽章に続いて詩の朗読。

 そして、I・ファウストがソロを弾くベルク作曲「ヴァイオリン協奏曲」なのだけれど、カット無しで全曲収録されてはいるものの、第1楽章の最初の方にインタビュー映像やナレーションなどが、演奏に被さって挿入されている。

 これは、最後のマーラー作曲「交響曲第3番」からの第6楽章でも同じ。

 正直、演奏は演奏として楽しみたかった、という気持ちはある。

 なので、「コンサート」の映像というよりも、「アバド追悼」を前面に出したドキュメンタリーという色合いが強いソフト。

 しかし、それでも、マーラーの演奏は感動的で、演奏後、涙を流しながら奏者同士がステージ上で抱き合うシーンは、こちらももらい泣きしてしまう。

 そして、ネルソンスの自身の気持ちを目いっぱい表出する指揮も、このコンサートに相応しいと思う。

 ちなみに、最初に収録されているアバド指揮による「英雄交響曲」から第2楽章も部分的な映像で、他の曲と同様にナレーションが演奏に被さります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都響 A定期(大野和士)

 ◆ 東京都交響楽団 第838回定期演奏会

 20170904

 指揮:大野和士

  S・ラフマニノフ作曲/ピアノ協奏曲第3番(ピアノ:ハオチェン・チャン)
  S・ラフマニノフ作曲/交響曲第3番

 東京文化会館にて。

 後半の交響曲はダイナミックに、また色彩的オーケストラを鳴らした演奏。「怒りの日」も現れるけれど、影を落とすものではない。

 煽り立てるようなエンディングはちょっと雑然とした感じも...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリエール 交響曲第3番「イリヤ・ムーロメツ」(ダウンズ)

music CD

 ■ R・グリエール作曲/交響曲第3番「イリヤ・ムーロメツ」

 Img484

 ▲ E・ダウンズ指揮/BBCフィルハーモニック

 1991年録音。伝説上の勇士、イリア・ムーロメツの物語に基づく交響曲。

 4楽章形式で演奏時間は80分弱。オケは4管編成(ホルンは8本)。

 これまでの2曲の交響曲やバレエ音楽などと比べても、桁違いにスケールの大きい、聴き応えのある大交響曲。

 カットして録音される場合もあるけれど(オーマンディ盤など)、このダウンズ盤はカット無しの『全曲版』。

 明るめのキレイなサウンドでまとめられていて、この曲を十分に楽しめはするけれども、フィナーレのクライマックスでの金管楽器による大コラールなど、やはり、一昔前のロシア(ソビエト)のパワフルな音で聴いてみたい曲でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ムソルグスキー 交響詩「禿山の一夜」